火災保険をちゃんと見直すNavi

火災保険の相場は謎!? | 火災保険をちゃんと見直すNavi

火災保険をちゃんと見直すNavi
Home » 火災保険を見直す » 火災保険の相場は謎!?

火災保険の相場は謎!?

火災保険を見直す | 04月17日更新

火災保険の相場が一体幾らになっているのか、気になっている人も多いことでしょう。
もし相場よりも安く今の保険に満足しているのならば良いのですが、相場よりも高く支払っているのならば良い気分はしないものです。
では現在の保険料の相場は、一体幾らになっているのでしょうか。

結論から言うと、全く分かりません。
「答えになっていない」というお叱りの声も聞こえて来そうですが、保険をかけている建物や家財道具から保険料がはじきだされるので、相場を割り出そうにも割り出せないのです。
しかしご自分が現在住まわれている住宅にかかる保険が幾らになるかについては、おおよそではありますが見当はつくかと思います。

ポイントとなるのが、現在住まわれている住居そのものにあります。
住居形態は当然のことながら、建築物の構造も大きなポイントになります。
また補償の範囲をどうするかによっても、保険料は大きく変わります。
火災が起きた場合にのみ補償される保険と、あらゆる災害の被害をカバーする保険であれば、割高になるのは当然後者の方になります。

ただやはり保険料がいくらかかるのかどうしても知りたいと言うのであれば、ネットで保険料をかなり大雑把に割り出してくれる所があるので、利用してみては如何でしょうか。
ただしかなり大雑把な計算によって弾き出されているので、実際の保険料とかなり変わります。
しかしおおよその目安にはなるかと思うので、ある程度把握しておいても損はありません。
割り出した金額と現在支払っている金額を照らしあわせた上で、次の一手に打つようにしたいものです。